2019.06.30

相続法の改正について

相続人ではない親族でも、被相続人の介護や看病に貢献した場合、相続人に対し、金銭の請求をすることができるようにしました。結婚20年以上の夫婦なら、配偶者に贈与した家は相続財産の対象から外れることとなりました。

相続法の改正について