2019.03.31

記念特需を狙うための工程

明日、新元号が発表されます。 昭和から平成に代わったとき、 2000年を迎えたミレニアムのとき、 ともに、記念特需で消費が増えました。 不動産の市場でも同じことが起きました。 今回も同じような記念特需が発生すると見込まれ […]

特需