相続

法定相続分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
法定相続分(07.05.12) 相続する財産の分け方は、遺言などで指定がない場合は、 法律で定める法定相続分によって計算されます。 (遺産分割協議がまとまらず、調停・審判になっても) 民法900条【法定相続分】 同順位の相続人が数人あるときは,その相続分は,次の各号の定めるところによる。 一  子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。 二  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。 三  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。 四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。 計算例 1:相続財産1,000万円 → 配偶者500万円、子供500万円 → 子供が二人なら各250万円 2:相続財産900万円 → 配偶者600万円、直系尊属300万円 → 父母なら各150万円 3:相続財産1,000万円 → 配偶者750万円、兄弟姉妹250万円 → 兄弟二人なら各125万円 4:子供分の相続財産300万円 → 嫡出子200万円、非嫡出子100万円   兄弟姉妹分の相続財産300万円 → 父母同じの兄弟姉妹200万円、父母の一方が違う兄弟姉妹100万円 [cc id=1120 title=”下部売却バナー”]