不動産市場

利便性から広さへとトレンドは変わる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
利便性から広さへとトレンドは変わる?

非常事態宣言も解除され、
徐々に日常的な生活が戻りつつあり、
満員電車の通勤も復活しているとの報道です。

今回のコロナ過で、
テレワーク、リモートワークという働き方が普及し、
この働き方改革?で、
これからの住まいのあり方も変わり、
不動産価格にも影響が出ると言われています。

ニュース番組では、
社員全員をテレワークとし、
もう出社もないから、
オフィスは要らないので解約した、
という会社も取り上げられていました。

また、社員が集まることも少ないから、
中心地にオフィスを構えることもないので、
賃料が安い郊外や地方へと移転するというケースも。

この結果、通勤利便性を求めて、
わざわざ価格が高い地域に家を買う、借りる必要もなく、
また、駅への距離にもこだわらないため、
都心へ近い、駅に近い、など、
利便性が高い地域への固執はなくなり、
今までの高値は維持できない。

その代わりに、
自宅で仕事をする(夫婦ともになども)ことから、
広い家、部屋数(仕事部屋、書斎)が必要となる。

これらを総合して、
都心の狭いマンション(広さより利便性)から、
郊外の戸建て(利便性よりも広さ)へと、
需要がシフトするとのこと。

この結果、価格面で、
マンションは下落傾向、戸建ては上昇傾向になる。

ここまでが、コロナ過の後、
不動産価格に関する動向の記事の傾向です。

私個人的には、
この傾向について、一時的な流行りであり、
長期的には、やっぱり利便性重視へと戻るように思います。

東日本大震災のとき、
湾岸部の液状化現象による被害、
停電によるタワーマンションの苦労、
帰宅難民の大量発生による混乱、
建物の傾きによる軟弱地盤への懸念、
などから、
利便性が高い平野部から、
郊外の台地部へと、
一時的に需要は流れました。

しかし、歴史的に災害が多く、
いい意味で、過去を忘れることができる日本人。

東日本大震災のあと、月日が過ぎるにつれ、
災害への強さ(郊外)よりも、
日常生活(利便性)の重視へと戻りました。

9月入学への移行などを見ても、
結局、変わることができない日本という文化から、
テレワーク、リモートワークへの移行も、
一部の限定された会社に留まり、
1年、2年と過ぎるにつれ、
利便性重視へと戻るのではないか。

郊外の戸建てを売るなら今、
利便性が高いマンションを買うなら今、
ということになります。

オリンピックの延期について、
もう忘れられつつあります。

消費税増税のことなんて、台風による多くの被害、
大昔(去年の秋で、半年ちょっと前のこと)のようです。
令和への改元も去年でしたね。