不動産市場

不動産のマイナス価格が現実になるとき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マイナス価格

新型コロナウイルス感染問題がより深刻化しています。

感染を抑えるために行動の制限をしておりますが、
その副作用として経済への打撃が大きくなっております。

特に驚いたのが、
「原油価格(先物)がマイナス価格」になったことです。

近頃、マイナス金利という言葉が一般的になりました。

通常、金利は、
「お金を借りて返すときに、お金を上乗せ(利息)する割合」
ですが、
マイナス金利では、
「お金を借りて返すときに、元金から減らしてもいいよ」
ということです。

お金をあげるから借りてくれ、
という異常事態ですが、
あまりにも経済が低迷していることから、
マイナス金利が発生し、
それでも回復しないことから、
マイナス金利も驚かなくなるほど一般的になりました。

これと同じようなことが、
原油取引の世界でも起こったのです。

原油に限らず、価格がマイナスということは、
「お金をあげるから、これ(物)をもらってください」
ということ。

このようなことが起こったのは、
需要を大きく上回る供給と売れ行き不振で、
在庫がだぶついてしまい、
在庫を保有する石油タンクも一杯、
そして、タンカーも一杯、
もしくは、あまりにも保有コストが高く、
その保有コストよりも安く済むなら、
お金をあげてもいいから引き取って欲しい、
ということです。

そして、これと同じことが、
日本の不動産でも増えてきました。

不動産の空き家問題などで、
TVで頻繁に登場する「越後湯沢のリゾートマンション」。

今(4/25)、レインズで、
越後湯沢駅が最寄りのマンションの売り出し情報を検索しました。

ヒットしたのが113件、
最低価格が5万円、価格順に70件目までが48万円、
71~101件目までが50~200万円です。

この価格は売り出し価格ですので、
実際に取り引きまで至るかは分かりません。

不動産は保有していると、固定資産税が課税され、
さらに、マンションの場合、管理費等も必要となります。
戸建てでも、草刈りなどの費用は必要です。

現金や株式などであれば腐ることはありませんが、
不動産の場合、建物は使っていないと傷んで減価していきます。

利用することもない場合、
この維持管理費の負担をなくすため、
売却を試みますが、
不動産そのものに利用価値を見出してくれる人がいなければ、
売却することができず、維持管理費の負担が続きます。

このことを考えると、
タダでもいいから引き取ってくれ、となり、
さらに進むと、多少のお金を渡すから引き取ってくれ、
となります。

これが、不動産のマイナス価格です。

例として越後湯沢のリゾートマンションを取り上げましたが、
郊外住宅地でも、地方の都市部でも、
同じような現象が起き始めてきています。

また、立地がよくても、
問題がある土地、建物、マンションでは同じことが起きます。

これからの不動産市場は、長期的なトレンドとして、
人口減少・日本経済の衰退・若年層のモラル低下などがあり、
短期的なトレンドとしてコロナウイルス感染問題、消費税増税などがあります。

高度成長期、バブル期などの上昇傾向時は
失敗しても取り返しがつきましたが、
今から先の下落傾向時は失敗すると
人生の致命傷にもなりかねなくなります。

明るい展望が見えないこと(下落傾向)が
不動産売買を難しくしております。
相続などの単純売却は価格だけですが、
住宅という実需は生活の根本に関わるため、より難しくなってきます。

マイナス価格が現実的になってきた今日、
不動産を売るのも買うのも、
長期的、総括的な視野のもと、考えていかなければなりません。