住宅購入

川崎(武蔵小杉)の浸水被害は人災?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
川崎(武蔵小杉)の浸水被害は人災?

昨日放送されたTV番組で、先日の台風19号による多摩川沿岸、川崎(武蔵小杉)の浸水被害は人災?だった、というような内容の放送がございました。

人災?であるとする根拠は「多摩川が増水した際の逆流防止用ゲートを閉じなかったのは川崎市の判断ミス」というものです。

このような浸水を防ぐ装置があって、それを、単純なうっかりミスや(千葉県であった)故障していたのに放置してて稼働しなかった、というのであれば、人災だと思われますが、今回のケースは少し違うのではないかと思う部分があります。(人命に関わった部分もあるので、断言はせず言葉尻を濁らせます)

今回の浸水被害は「内水氾濫」というものです。これは、通常、雨水の処理をしている雨水管を通じて川などに放出しているところ、川の水位が上がり排水管を超えてしまい、雨水管を逆流して(バックウォーター現象)、堤防の外側(川から見て)で氾濫したものです。

川崎市では、この内水氾濫を想定して、逆流防止用のゲートを設置していました。内水氾濫が起こりそうな場面でゲートを閉じるものですが、今回、川崎市は閉じなかった(遅れた)。

川崎市ではゲートを閉じた場合、住宅地に直接降り注ぐ雨水の処理ができず、浸水被害が生じてしまうため閉じることを躊躇したとのことです。

この閉じるのが遅れたことが判断ミスであり人災であるというものですが、川崎市の判断がミスと言えるのかどうか。

100年、200年に一度と言われる今回の台風19号の豪雨では、どちらの判断でも浸水被害は生じたと思われますし、どちらの判断が被害を小さくできるか正確な判断はできなかったと思います。

もし、グーグルが開発している量子コンピューターが実用化のうえ運用され、今回の豪雨で各地の雨量を正確にシミュレーションされていた、というのであれば判断ミスがあったかどうか検証できる、それくらいのレベルです。

また、今回の内水氾濫(浸水被害)で被害を被ったタワーマンションの管理組合臨時総会で、管理会社や分譲会社に対して厳しく激しい責任追及をされている場面も放送されていましたが、浸水被害そのものの責任追及(賠償)は難しいのではないでしょうか。

都内では、豊かな財力で治水事業が進んでおりますが、今回の川崎市を始め、千葉県、茨城県、福島県、宮城県、長野県など、一般的な地方自治体が単独で治水対策を行うのは限界があるのではないか。

台風被害から1ヶ月を経過しても、まだまだ大変な状況に陥ってる被災者の皆様のご苦労をテレビなどで目にすると、今後の生活、人生が大丈夫なのか心配になり、もし、自分が同じような被害にあったら人生終わります。

政治や行政、業者に、人生や生活を守ってもらうというのは期待せず、日々の生活、通勤通学など、各ご家庭にご事情はあるかと思いますが、安全な地域に居を構えることです。(荒川の堤防に関する都市伝説の真偽は別として)