不動産市場

災害リスクも不動産価格に影響を及ぼします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今日から明日にかけて大型で非常に強い台風24号が 非常に強い勢力を保ったまま上陸する可能性が高くなっています。 今夜から明日未明にかけて関東に接近・通過するおそれがあり、 大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫が警戒されております。 今年は大きな被害をもたらした災害が多くございました。 去年の九州北部豪雨が何年何十年に一度と言われながら、 今年も西日本豪雨が発生しました。 もう、毎年のように豪雨被害があるなら、 何年何十年に一度というフレーズは使えないのではないか、 北海道の地震も地域的には警戒外であったように、 豪雨被害も日本中、どこで起きても不思議がない。 先日フジテレビで放送された 「人気お天気キャスター大集合!異常気象の真実~ニッポンが危ない!~」 では、 西日本豪雨、台風21号の暴風雨被害、今夏の猛暑などを取り上げ、 今後の異常気象を警告していました。 (参考) 2040年に1.5度上昇 猛暑や豪雨多発をIPCC予測 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33318290U8A720C1MM8000/ 番組の中でも紹介された「ハザードマップ」 岡山県倉敷市では、ハザードマップの浸水想定域と 今回の浸水域がほぼ重なったということで、改めて注目されています。 不動産屋は教えてくれない、ハザードマップの秘密 https://otekomachi.yomiuri.co.jp/news/20180929-OKT8T103646/ — 不動産の資産価値として考えた場合、 災害に遭う確率が高い地域の評価は下がるのが自然です。 何千万円という財産が最悪一瞬にして失われてしまう。 住宅ローンを抱えていれば、マイナスだけが残される状態になる。 このような状況下に置かれている不動産を購入することは、 たぶん大丈夫だろうという賭けに出ているということ。 そこしかない、というなら、 あらゆるリスクを想定し、対策を講じる。 あえてそこでなくてもいいなら、 避けることがもっとも効率的な対策です。 また、そこまでいかなくても、 今後、生命の危険に関わるほどの猛暑の地域では、 不動産の価格は下落するかもしれません。 今後の気象予測で、 最高気温が40度超えが当たり前の地域を見ると、 そこには住みたくないと躊躇いを感じました。 不動産価格は人気度数ですから、 暮らしたくないと思われてしまうような地域は、 価格が下落することになります。 逆に、災害のリスクが高い、 さらに、ヒートアイランド現象で酷暑猛暑でも、 不動産価格が高い都心は、 それを上回る魅力があるということでしょうか。 災害とは違いますが、下記で言われていることも本質は同じです。 「首都圏郊外の所得減」は解決不能 筆者が見た現実 https://www.zakzak.co.jp/eco/news/180929/eco1809290002-n1.html さらに余談ですが、 昨日お邪魔しましたタワーマンションで、 半日程度の全棟停電のお知らせが貼り出されていました。 そこで暮らすお客様(高層階に居住)は、 水も使えず、エレベーターも使えず、生きていけないと。 今回は予め予告されていますから対処も可能ですが、 災害はいつやってくるのか、いつ回復するのか読めません。 やはり、事前に災害リスクが少ない地域に 暮らすことが良いのかもしれません。