不動産業界

不動産業者・担当者の見分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新築中古、戸建てマンション土地など、種別などを問わず、不動産を購入・売却する場合、ほとんどの方は不動産業者や営業担当者と関わることになります。 そして、この会社や担当者によって、購入・売却の成否が決まるといっても言い過ぎではありません。 不動産業界で働く営業職の給与体系は、(大手でも)歩合給の割合が高く、実力主義であり、成績へのモチベーションが高い職種であるのは、どの業界よりも高い傾向にあります。 信頼できる会社、担当者を見つけるために、どのような点を見ていけばいいでしょうか。 情報の提供が担当者本意か、お客様本意か。担当者にとって不都合な情報を隠すか開示するか、担当者にとって都合がいい情報ばかりを提供するか、逆に、不利不都合でもお客様へ有益な情報を提供できるか。 お客様からのリクエストや希望を無視し、自分の都合がいい方向へ向けようとばかりする。(お客様の意向を聞いていないのかと思うほどの担当者も多い) 身だしなみ、服装、車などが汚れ、乱れている。また、時間や言葉を守らない。対応が遅い。 宅地建物取引士の資格を持っていない。(個人としての資格・経歴に響かないので責任感が弱い) 住宅ローンの選定で、とにかく借入期間を最長に、返済比率をギリギリまで高く、借入金利を最低タイプにして勧めてくる。(予算が増えれば気に入ってもらいやすい) 会社の決まりだから、そうなっているからと押し付けてくる。(仕組みや背景などの説明をしない) ざっと思いつくままに書きだしてみましたので、まだ他にも選別方法はあるかと思います。 売主、買主のいずれの立場でも、物件本位、価格本位にならず、人物本位で依頼されることをお勧めします。